ブログ

生徒の活動

高等部現代社会「裁判所見学」

 9月30日(木)、高等部「現代社会」の学習の一環として、普通科・保健理療科合同で、福島地方裁判所見学を実施しました。

 実際に刑事裁判の傍聴をした後、法廷内で裁判官、検察官、弁護士の方々に直接質問させていただくという大変貴重な機会をいただき、生徒たちにとって非常に有意義な学習の機会となりました。

 丁寧にご対応いただきました法曹三者、広報担当の方々に厚く御礼申し上げます。

裁判所の室内を見学中 裁判所内の見学

集合写真1

玄関前で集合写真

 

令和3年度 前期終業式・後期始業式

 9月30日(木)、前期終業式及び後期始業式が実施されました。コロナウイルス感染症対策を行いながら、久し振りに全校児童生徒が一堂に会しての式となりました。

 式では、学校長より「学年の半分が終わりました。前期を振り返り、後期も目標をしっかりもって取り組みましょう。」との話があり、児童生徒の顔にも明日から始まる後期に向けての意欲の高まりが感じられました。

体育館に整列する様子 学校長のお話

小学部1・2年の遠足が行われました

 9月17日に、小学部の1・2年生が信夫山公園駒山広場に遠足に行きました。朝、雨が降ってきたのですが、晴れてほしいという子どもたちの願いがかない、出発時には雨が止み、徐々に晴れてきました。暑すぎず寒すぎず、丁度良い気温の中、遊具で遊んだり、かくれんぼをしたり、噴水の水をかけあったりなど、めいっぱい楽しんでくることができました。

 

子供たちの集合写真

のりものにまたがって乗る様子

 

ぼくは、ゆらゆらゆれたラッコののりものがたのしかったです。おともだちやせんせいといっしょにのりました。

ターザンロープにしっかりつかまっている

 ターザンロープが楽しかったです。けっこう高いところからおりて、行ったりもどったりしておもしろかったです。

 ふんすいのみずをはじいてとばす

 ふんすいのところであそびました。みずをパッチーンととばしたのが、おもしろかっだです。

 おべんとう。おいしい!

 いっぱいあそんだあとのおべんとうは、とってもおいしかったです。

 

半谷静香選手 東京2020パラリンピック大会出場報告会

 9月9日(木)に東京2020パラリンピック大会、視覚障害者柔道48㎏級に出場した半谷静香選手が大会報告の為、来校されました。その際、日本代表ユニフォームや柔道着も持参していただき、見たり触れたりさせていただくことができました。

 半谷静香選手からは、「公式戦が久しぶりだったので、畳にあがるのが怖かったが、困難にぶつかった時、応援してくれる人やサポートしてくれる人がパワーをくれました。その人達のためにも、という思いで臨みました。皆さんも自分の夢や目標達成のために頑張ってください。」と報告がありました。

 本校の児童・生徒からは、選手村の様子や試合前の気持ちの作り方、大会本番まで一番頑張ったことなど多くの質問が出され、それに対し、1つ1つ丁寧に答えていただき、貴重な時間となりました。

 半谷静香選手、ありがとうございました。

オリンピックで着用した柔道着を展示 半谷選手の報告の様子

全盲の生徒が柔道着を着用する様子 半谷選手へお礼の花束を贈呈

 

健康管理指導の実施について~寄宿舎~

 寄宿舎では年間5回「健康管理指導」を実施して、舎生の健康管理に努めています。今回は6月中旬に実施した第2回健康管理指導「飲料水について考える」についてご紹介します。

 灼熱の福島市の夏に備え、個人に合った水分摂取量や飲み物の質の考え方、管理の方法などを学び、一人ひとりが飲料水について考える機会となりました。特に印象に残っているのが、普段飲んでいる飲料水の糖質の量をスティック砂糖で確認すると、「こんなに!?」などと驚き、次の週からお茶を手にする舎生が多く見られたことです。

健康第一!ぜひ、ご家庭でも飲料水について話してみてください!

(保健衛生係)

〇糖質量について(500㎖換算する)飲み物の画像

飲み物 砂糖量 備考
コカ・コーラ 56.5g スティック砂糖換算:19本
カルピスウォーター 55.5g スティック砂糖換算:19本
カフェオレ 45g スティック砂糖換算:15本
ドデカミン 23g スティック砂糖換算:7本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇第2回健康管理指導の様子

  

 

佐々木真菜選手 応援メッセージ!ファイト~!!

佐々木真菜選手(H27年度卒業生)

東京2020パラリンピック出場おめでとうございます!

 競技種目は、陸上競技女子100m(T13)と女子400m(T13)です。

 8月30日(月)に、テレビ取材もあり、全児童生徒で応援メッセージを作成しました。

 笑顔の素敵な真菜さん!

 みんなを元気にしてくれる真菜さん!!

 これまでに培った力を発揮してください。ファイトー!!!

【競技日程】

 ◎100m(T13) 8月31日(火)

    予選10時30分~

    決勝20時10分~

 ◎400m(T13)

   9月2日(木)

    予選21時21分~

   9月4日(土)

    決勝10時08分~

寄せ書き応援メッセージ!ファイト~!

校舎前の横断幕

 

 

半谷選手応援メッセージ!ファイト~!!

 東京2020パラリンピック出場おめでとうございます!!

 8月24日(火)から東京2020パラリンピックが開催され、本校の卒業生でもある半谷静香選手が、柔道女子48kg級に出場します。そこで、本校の児童生徒や教員が半谷静香選手に向けて応援メッセージを書きました。

 半谷選手の大会予選は、8月27日(金)から行われます。

 

(応援メッセージ一部紹介)

・一本!! がんばってください。 (小学部児童)

・福島からエールを送ってます。 (中学部生徒)

・自分の学校から出るのは誇りです。目指せ金!! (高等部生徒)

・自分の夢に向かって頑張ってください。 (小学部教員)

・半谷さんの切れのある技で世界をあっと言わせてください! (中学部教員)

・悔いない戦いを! (高等部教員)

・卒業生が世界で活躍することは本校の誇りであり、先輩の挑戦する姿は、在校児童生徒の大きな励みになります。これまで培った力を存分に発揮し、充実した大会にしてください。みんなで応援しています。 (校長)

 (寄せ書き写真)

半谷選手応援寄せ書きの写真 ファイト~!!

祝!東京2020パラリンピック代表決定!

祝! 東京2020パラリンピック代表決定! 

佐々木 真菜 選手

陸上競技 女子400メートル(視覚障害T13)

(平成27年度普通科卒業) 

 

半谷 静香 選手

柔道 女子48kg級

(平成27年度専攻科理療科卒業)

夏季休業前全校集会

 7月21日(水)5校時、夏季休業前全校集会が放送にて実施されました。はじめに各大会等の受賞者(学校歯科保健指導優良校、福島県たなばた展、東北地区盲学校弁論大会)の紹介がありました。その後、校長より「制約された生活の中でも、目標や目的をもって有意義な夏季休業を過ごしてください」との話がありました。

各大会の受賞者の紹介 校長のお話

 

 なお放送後には校長室にて、受賞者一人一人に賞状等が学校長より授与されました。

賞状授与の様子 賞状授与の様子 賞状授与の様子

 

令和3年度進路説明会

 7月16日(金)に進路説明会を実施しました。

 講師に、社会福祉法人陽光会 清心荘指定相談事業所 相談支援専門員の木田尚文様をお招きして、福祉サービス事業所の現状と福祉サービス利用に向けた手続き等について講話をしていただきました。年金や卒業後のサービス利用に向けた流れなど、細かい部分までお話ししていただきました。保護者との情報交換の場もあり、有意義な会となりました。

 ご協力ありがとうございました。

 講演の様子

球技部 引退試合!

 フロアバレーボールを中心に活動する球技部。7月を迎えて3年生の引退試合が本校体育館で行われました。

整列する選手

白熱した試合!!

白熱した試合!!

 3年連続出場していた全国盲学校フロアバレーボール大会が、コロナウイルス感染拡大に伴い2年続けて中止となってしまいました。そのため、唯一全国大会経験者の3人が引退となりました。

 試合後に、3年生から後輩たちへ思いを伝えました。

試合後に思いをつたえる。

 様々な活動が制限され、生徒が集まって一つの目標に向かって取り組む機会が激減する中、球技部全員で明るく楽しそうに試合に臨む姿が印象的でした。

笑顔でピース!集合写真

笑顔で、ピース!

 「もう一度全国の舞台に立ちたかった・・・」という悔しい思いもあったでしょうが、その思いはきっと後輩たちが受け継いで行ってくれることでしょう。

 

第70回(令和3年度)東北地区盲学校弁論大会

 6月23日(水)に第70回(令和3年度)東北地区盲学校弁論大会が本校にて実施されました。

 この大会は、弁論を通して、東北地区盲学校の文化活動の健全な育成と発展を図るとともに、各校の親善を深めるものとして毎年開催されています。残念ながら、昨年度はコロナ感染症の影響で、東北大会、全国大会共に開催中止となりました。今年度も、開催が危ぶまれましたが、開催方法を動画審査とオンライン配信という形に変えることで、開催に繋がりました。例年とは違う開催方法でしたが、それぞれの弁論からは、真剣な眼差しと熱い想いが画面からでも伝わってきて、出場した弁士はもちろん、審査員の先生方・オンライン配信で視聴した東北各校の皆さんから、開催できてよかったとの声を聴くことができました。

 今年度、最優秀賞を受賞した宮城県立視覚支援学校高等部生徒は、大阪にて開催予定の全国盲学校弁論大会に出場されます。

オンライン配信会場の様子

大会挨拶の様子

令和3年度 第2回命と心の健康教室(性に関する指導)

 7月15日に第2回命と心の健康教室が中学部と高等部でそれぞれ行われました。

  中学部では、「人との距離感」と「異性とのかかわり方」について学習しました。点字ブロックを使用して、距離感を体験したり、事例をもとに話し合いをしたりしました。人とかかわるなかで、相手を思いやる気持ちや、良好な人間関係を築くにあたってのルールやマナーを考えることができました。

 高等部では、「ジェンダー」について簡単な説明の後、グループに分かれていくつかのテーマを選び、話し合いました。日頃からなんとなく耳にしていた言葉やニュースをきっかけに、様々な意見を出し合い、今回のテーマを通して「自分らしく生きていく」ということについて改めて考える機会となりました。

人との距離感を考える

異性との、距離感の違いを体験している様子(中学部)

人とのかかわりを考える

生徒全員で話し合いをしている様子

(中学部)

意見を出し合う 話し合ってまとめる

 

 

 

 

 

 

 

グループに分かれて話し合っている様子(高等部)

 

 

 

高等部普通科 模擬試験・職場見学・報告会(中・高 前期進路週間)

【令和3年度前期進路週間 令和3年6月14日(月)~18日(金) 】 

〇高等部普通科 模擬試験・職場見学・報告会

 1組の生徒は、総合学習や自立活動の時間を通して「ライフプランニング」学習に取り組んできました。自分の夢や目標に向けた10年後の生活を想像し、自分に必要なことは何か、どんな方法で自分の力を伸ばしていくのかを考え実践してきました。

 学力の向上に向けた実践では、2年1組は6月14日(月)に模擬試験を実施しました。そして、各教科の担当教員に予習や復習の仕方を聞いたり、自分に合った学習方法について考えたりしました。教科ごとに学習の方法が異なり、教科の特性に応じた学習の仕方を知ることができました。

 1年1組では、6月17日(木)に「こおり治療院」の職場見学へ行きました。どんな力が必要か、見えにくさからくる困難さをどのように克服してきたか等、自分の進路実現に向けた話を聞いてくることができました。

 6月30日(水)には、普通科進路週間報告会を実施しました。生徒一人一人が、自分の将来について考え、課題を発見し、今後どのように問題を解決していくかを、みんなの前で発表し、自主的に質問をするなど、大変有意義な進路週間になりました。

報告会の様子 報告会の様子

報告する様子 報告する様子 報告会の会場

 

令和3年度 中学部 職場見学(中・高 前期進路週間)

【令和3年度前期進路週間 令和3年6月14日(月)~18日(金) 】

〇令和3年度 中学部 職場見学

 中学部1年生2名は、6月18日(金)、職場見学のため、学校と同じ敷地内にある福島県点字図書館を訪問しました。

 はじめに、図書館長であり、本校理療科でも教鞭をとられている、金子久雄先生から図書館の概要を説明していただきました。県内外の登録者数と利用状況、主な業務である点字本やデイジー本の貸出や図書の製作についてお話いただきました。特に、点字本やデイジー本の製作には、地域のボランティアさんの協力が欠かせないことも教えていただきました。週末は、仕事が休みのボランティアさんたちが点訳や音訳の作業に来るため、図書館が混み合う等、製作の舞台裏も聞くことができました。生徒たちにとってはどれも初めて聞く話で、新鮮な驚きだったようです。また、ボランティアさんは、作業にあたり、事前にたくさんの研修を受けていることを知り、仕事をするためには勉強が必要であることも学びました。

福島県点字図書館 点字図書館の概要説明の様子

 講話の後は、施設内を案内していただきました。まずは、製本室です。1冊の図書は、点訳すると文字量が増えるため、分冊といって、何冊かに分けて製本されます。原本と、点訳されて3冊になった点字本に触れることで、点訳作業が多くの人の力を借り、時間をかけて丁寧に行われていることを実感することができました。また、本の朗読と録音を行うスタジオや音声を編集し、専用のCDにするデイジー室も見学しました。

 録音は正しく読めるまで繰り返し行われるため、スタジオで何時間も過ごすボランティアさんの話を聞き、仕事をすることの大変さも知ることができました。

製本室の様子 録音スタジオ入口

スタジオ内の様子 録音機器

 最後は、質疑応答と館長からのまとめの講話の時間です。質疑応答では、生徒たちが事前学習の過程で抱いた素朴な疑問にも丁寧に答えていただきました。また、まとめの講話では、今後の学習に生きる、以下のような言葉を生徒たちにくださいました。

 「どの仕事をするにしても、勉強が必要である。講話のとき、将来は声にかかわる仕事がしたいと言ってくれた人がいました。声にかかわる仕事では、漢字も含め、原稿や台本を正しく読むことが求められます。なので、今は、学校の勉強を大切に、しっかりと取り組んでほしいと思います。ボランティアさんは、空いた時間を使ってたくさん勉強や作業もしていますが、お金はもらえません。では、なぜ仕事の合間を縫って、休みの日でも点訳や音訳の作業ができるのか。それは、読んでくれる人、聞いてくれる人がいるからです。そういう一生懸命な気持ちをもったボランティアさんたちが作ってくれている本なので、借りた本は最後まで大切に読んでほしいです。」

 金子館長には見学を通して、どの仕事をするにしても身に付けておく必要がある力や大切にしたい心がけについてたくさん触れていただきました。事後指導の感想では、「苦手な漢字の勉強もがんばりたい。」、「今後に生かしたい。」という声も聞かれる等、入学してまもない1年生にとっては充実した職場見学となりました。今回の貴重な経験を今後の進路学習にしっかりとつないでいきたいです。

金子館長の説明を受ける様子 点字図書館入口

「職業講話」(中・高 前期進路週間)

【令和3年度前期進路週間 令和3年6月14日(月)~18日(金) 】

〇前期進路週間「職業講話」 

 6月16日(水)に福島職業安定所(ハローワーク)専門援助部門の厚生労働事務官・長嶺貴文さんを講師にお招きして、高等部普通科生、保健理療科生、専攻科理療科生を対象に「職業講話」を行いました。

 「どうして働くのか」というテーマを参加生徒自身で考えることからスタートし、「企業が求める人材像」や「社会人のマナー」など社会人経験のある理療科生にとっても自分の経験を思い出しながら、社会に出るという意味を考える機会となりました。  

また、今年度から導入された「キャリアパスポート」への活用も含めて、社会経験のない普通科生も働く意義について真剣に考え、自分なりの答えを考えるきっかけとなった様子でした。

 まだまだ卒業後の進路や将来を具体的にイメージできない部分もありますが、まずは、「挨拶をする」「遅刻をしない」「約束やルールを守る」など学校にいるうちに身にツ付けておかなければならないことを改めて感じた講話となりました。

 そして、自分の進路や将来に向けた自分の気持ちや夢を実現するための「折れない心の育て方」のアドバイスが最も印象に残りました。

「職業講話」

講話の様子

「質疑応答の様子」

質疑応答の様子

 

 

令和3年度前期進路週間(中・高)令和3年6月14日(月)~18日(金)

【令和3年度前期進路週間 令和3年6月14日(月)~18日(金)】

「中学部・高等部合同校内実習」「中学部職場見学」 「高等部職場見学」「高等部模擬試験」 「高等部職業講話」

 本校中学部・高等部の進路週間に際しまして、関係機関の方々にご協力いただき、ありがとうございました。

◇ 中学部・高等部合同校内実習について

 中学部3年生2名、高等部1年生2名が6月14日(月)~18日(金)の5日間、前期校内実習を行いました。

 中学部は、働く意欲の向上や普段とは違う環境で働く態度や技術を身に付けることをねらいとし、高等部との合同実習に取り組みました。校内実習を通して、事後学習で新たな成果や課題が発見でき、進路学習や後期校内実習に繋げる為に頑張ることなど考えることができました。

 高等部では、自分の能力や適性等の発見や自己の目指す将来や職業を見据えた実習となり、自己理解を深めることができました。

〇製品名「しあわせを呼ぶコースター」

(紙すきのコースターと四つ葉のクローバーを押し花にした製品です。)

「朝の打合せの様子」

朝の打合せの様子

「紙すき作業の様子」

紙すき作業の様子

「紙ちぎり作業の様子」

紙ちぎり作業の様子

「しあわせを呼ぶコースター」

しあわせを呼ぶコースター

製品の説明と製品 出来高の表

 

 

校内文字能力テストが行われました

 第83回(令和3年度前期)校内文字能力テストが行われました。
7月5日(月) 小学部1,2年生、

7月7日(水) 高等部保健理療科1年生

7月8日(木) 小学部6年生、中学部、高等部普通科

 それぞれの児童生徒が、漢字と点字の読み書きの力の向上に向け取り組んできた日ごろの学習の成果を発揮しました。
 漢字は読み書き別に拡大読書器や斜面机を使用し見やすい環境の下、前回合格した級のさらに一つ上の級を目指して、一生懸命取り組みました。

校内文字能力テストの様子 校内文字能力テストの会場の様子

反転色の机で受験 斜面机を使用して受験

 

 点字は、点字盤、パーキンスブレイラーそれぞれを使い、五十音書き、転写、聴写、速読に挑みました。

点字板での受験 パーキンスブレイラーでの受験

 高等部普通科では、文字能力テスト終了後の残り時間で、点字付きかるたで百人一首をしました。

 点字つきかるたは黒白反転で、弱視の人とも対戦でき、点字は対戦相手からも触読できるように、上下の両方についています。

 自分で札を置いた位置を覚えるのはもちろん、相手陣の札の位置を覚えるのはとても大変ですが、生徒は回を重ねるごとに理解し、意欲的に取り組みました。

点字付きカルタで対戦中 相手陣の札の位置を確認中

 今回はリクエストにより、マグネット式で対戦し、現代文で味わった俵万智の「さくらさくらさくら」にちなみ、桜の歌6首、古典で学んだ和泉式部母子関連6首、計12首を扱いました

 

 

 

校内陸上記録会

 6月28日(月)に、信夫ヶ丘競技場にて、校内陸上記録会が開催されました。中学部、高等部の生徒23名が参加し、自分たちの記録更新を目指し、様々な陸上競技に挑みました。

 梅雨入りし、外での練習が十分でない中、自分のベストを出せるように互いに励ましあいながら、競技に挑戦することができました。心地よい緊張感を持ちながら、体を動かす楽しさを存分に味わうことができました。

【心の準備】

心の準備

【50m音響走】

50m音響走

【男子100m走】

男子100m走

【女子100m走】

女子100m走

【100m円周走】

100m円周走

【1000m走】

1000m走

1000m走

【1500m走】

1500m走

【ソフトボール投げ】

ソフトボール投げ

【ジャベリックスロー】

ジャベリックスロー

 

 

令和3年度父母と職員の会『教養講座』

 6月4日、福島県障がい者総合福祉センターより、視覚障害生活訓練等指導者(歩行訓練士)の渡邊純代先生を講師に迎え、「教養講座(社会自立に向けた歩行支援について)」を開催しました。

 当日は雨天の為、体育館で生活場面を想定した実践を行いました。白杖歩行では、持ち方や振り方を踏まえ、点字ブロック上を歩きました。移動介助では、手引きの基本姿勢を踏まえ、右折や左折・段差の上り下り・狭い場所の通過の仕方を学びました。

会場の様子 手引きの様子

         体育館に敷いた研修用の点字ブロック

 

第1回避難訓練

 6月8日(火)第1回避難訓練を実施しました。同じ敷地内の寄宿舎、聴覚支援学校福島校、視覚障がい者支援センター、点字図書館との合同訓練です。

 今回は震度6強の地震が発生し、校舎に損壊が見られたとの想定で実施しました。30秒間大きな揺れが続き(放送による効果音)、まずは机の下で安全を確保。その後の避難でも、ヘルメットをかぶり、校舎の壊れて通れないところを避けて、安全に校庭へ避難することができました。校庭への避難は初めてでしたが、みんな落ち着いて行動していました。

 コロナ禍の中での災害対応は、配慮しなければいけない点がより多くなっています。今回の訓練を生かし、“いざ”という時に備えていきたいと思います。

 そしてなんと・・・教室に戻った直後10:19、本当の地震が・・・

避難訓練の様子1 避難訓練の様子

         校長先生の講評

寄宿舎避難訓練

 5月27日(木)午後5:20から第2回避難訓練を実施しました。今回は、震度6強の地震が発生し、その後、本校校舎から出火したという想定でした。舎生は、机の下に隠れて自分自身の身を守り、避難指示の放送が流れると、ヘルメットを着用し落ち着いて避難することができました。

寄宿舎避難訓練の様子 寄宿舎避難訓練の様子

寄宿舎むつまじ会『親睦会』

 5月20日(木)、寄宿舎食堂にて消毒・換気など感染症対策を徹底し、親睦会を行いました。質問タイム“みんなのQ&A”では、趣味や好きな食べ物・歌手といったものからストレス解消法など幅広く質問が飛び出し、互いを知るよい機会となりました。

 夕食は新入舎生からリクエストをつのり、味ごはんやピザなど、みんなが好きなメニューが並びました。会話はできませんが、それぞれペロリと平らげていました。

親睦会の様子 親睦会の様子

親睦会の様子 親睦会の様子

 

 

出前授業を実施しました

 6月3日(木)、福島市にあります「とやの保育園」年長児クラスで、出前授業を実施いたしました。

 「見えない人はどんな生活をしているのか」をテーマに、クイズ形式で楽しみながら、視覚障がいに対する理解を深めました。本校に勤務する全盲の教員の話に、真剣なまなざしで聞き入る子どもたちの姿が印象的でした。

 本校地域支援センターでは、幼稚園、保育園、小学校、中学校等を対象に出前授業を実施しております。授業内容は、どのような力を育てたいか依頼者様とご相談させていただきながら対応いたします。ご希望ございましたら、どうぞお気軽に本校地域支援センターまでお電話ください。お待ちしております。

出前授業の様子

福島市立福島第四小学校での『合同大運動会』

 福島市立福島第四小学校での『合同大運動会』 

~互いに認め合い、みんなで力を合わせてがんばりました!~

 5月23日(日)に福島第四小学校を会場に、合同大運動会が行われました。本校小学部は、年間を通して福島第四小学校・聴覚支援学校と交流及び共同学習を行っています。2年ぶりとなる合同運動会に向け、5月の連休明けから一緒に練習を重ねてきました。

 各種目では、どのような配慮があれば障がいのある児童と障がいのない児童が一緒に取り組めるかを検討し、参加の仕方やルールを変更・調整しながら取り組みました。低学年の50m走では、電子ホイッスルによる音源や白線を手掛かりに走る、紅白玉入れでは低めのかごを準備し、玉を入れる部分を触って確認しながら投げるなど、参加の仕方やルールを変更・調整することで自分の持てる力を十分発揮することができ、児童の笑顔が輝いた運動会となりました。

開会宣言の様子 ゴールする様子

開会宣言

「赤も、白も、力を合わせてがんばるぞ!」

1位、2位でゴール!!やったー!

 低学年のチャンス走「何色くれる?」では、四小の校長先生が投げるサイコロの色を見事予想し、本校児童が1位、2位でゴールしました。

スタートの様子

いざ、勝負だ!

 高学年の150m走、スタートです。6年生にとっては小学部最後の運動会でした。

紅白玉入れの様子 紅白玉入れの様子

紅白玉入れ

 かごをよく見て、ポーンとじょうずに投げました。「いっしょにがんばろうね。」「いっぱいいれようね。」と、四小の児童と言葉を交わす姿も見られました。

 

 

厚生部活動~高等部~

 5月19日(水)の放課後、生徒会厚生部員で、プランターの花の植え替え活動をしました。10個以上のプランターにマリーゴールドや、ピンクや青のペチュニアの花を植え替えました。おそるおそるポットから苗を取り出す生徒もいる中、さすが理療科生は手ぎわよく植え替えていました。皆さん、久しぶりの植物とのふれあいだったようです。時々小雨の降るあいにくの空模様でしたが、作業には涼しく最適でした。

土をやさしく両手で押さえて植え替え 植え替え位置を確認

ペットボトルのじょうろで水やり 白壁に綺麗な花のプランターが映えます

 

令和3年度 高等部校内弁論大会

  令和3年度高等部校内弁論大会が5月14日体育館にて開かれました。
 普通科、保健理療科、専攻科計15人の弁士が、将来への希望や現在の葛藤、今までの半生を振り返り思いのたけを伝え合い、同じ視覚障がいを持つ仲間の声に耳を傾けました。
 尚、感染予防対策として、座席の間隔を空け、弁士・アナウンス席にはアクリル板、マイクの消毒、換気に努めながらの開催となりました。

 昨年度は早々と全国弁論大会が中止となりました。本校も年度当初の休校により校内弁論大会は中止し、普通科国語の授業の中での発表となりました。それを受けてか、今年度は高等部生徒全員参加の意気込みで臨むことができました。

 優勝した専攻科のMさんは、6月23日、本校で開かれる第70回東北地区盲学校弁論大会へ出場します。健闘をお祈りします。

高等部校内弁論大会会場の様子 点字原稿を読みながら発表

小型ピンディスプレイ機器を操作して発表 拡大文字原稿を読んで発表

令和3年度 第1回全校朝の会

 4月15日(木)本校体育館にて第1回全校朝の会が行われました。

 本校の児童生徒が一堂に会する数少ない行事となります。換気や消毒を徹底して実施しました。

 新入生の自己紹介、生徒会本部役員の紹介などが行われました。新入生の自己紹介では元気な歌声を披露してくれたり、初心表明をしてくれたりと、各々思い思いの自己表現を見せてくれました。

全校朝の会の様子 自己紹介の様子

生徒会役員の司会 紹介の様子

 

 

令和3年度 入学式

 4月8日(木)10:00から小・中学部入学式、11:00から高等部入学式が体育館にて新型コロナウィスル感染予防に配慮しながら行われました。

 春のやわらかな日差しの中、小学部2名、中学部2名、高等部普通科3名、本科保健理療科2名、専攻科理療科3名がそれぞれの希望を胸に新しい学校生活に踏み出しました。

 小・中学部入学式では、新入生が呼名に対し元気に返事をし、新たに始まる学校生活に期待をふくらませているようでした。

 高等部入学式の誓いの言葉は、代表の普通科1年生が「…助け合い、励ましあいながら、初心を忘れず、学業に専念することを誓います。」と力強く述べました。

入学式場 入学式会場

「誓いのことば」の様子 入学おめでとうの文字

 

令和2年度 中学部卒業証書授与式

 3月12日、本校体育館において卒業証書授与式が行われ、在校生、中学部教職員、寄宿舎指導員、保護者の見守る中、3名の卒業生が卒業証書を手にしました。自らが主役の晴れ舞台に、緊張しながらも引き締まった誇らしげな表情で式に臨む3名の姿が印象的でした。

 校長からは、東日本大震災発生から10年目の春に卒業する卒業生たちに、

「10年前の昨日、東北、そして福島は未曽有の災害に見舞われました。終わりの見えない恐怖や悲しみに、私たちは言葉を失い、未来が遠のいたように見えました。しかし、あの時から、私たちは、人と人とのつながりと命の大切さを、より深く考えるようにもなりました。皆さんが扉を開けて、新しい道を歩み始めるにあたって、これまでの人とのつながりも併せて思い出してほしいと思います。そのうえでしっかり自分を見つめ、何がしたいのか、何ができるのかを考え続けてください。これからも人と人とのつながりを大切にしながら。あなたが一歩前に踏み出そうとすること。あなたたちとともにいる人たちの力にもなるはずです。」

と、励ましの言葉が贈られました。

 在校生代表からは、3名の卒業生一人一人に対し、思い出と感謝の言葉が述べられ、

「先輩が卒業することも、明日から隣の教室に先輩がいないことも本当に寂しいです。しかし、先輩方にこれまで支えていただいたことを思い出しながら、これからは、私たちも強く優しい存在になれるよう、そして悔いのない学校生活を送るために努力していきたいと思います。」

と、新たな決意が表明されました。

 卒業生代表は、入学時の期待に満ちた高揚感を懐かしく振り返り、協力や努力の素晴らしさを知った学校祭での合唱・合奏の発表の思い出や、コロナ禍の中、3日間の計画が日帰りに変更されながらも共に歩んできた仲間と、貴重な学びの時を過ごした修学旅行の思い出を、一瞬一瞬をたどるように語りました。教職員、寄宿舎の指導員への感謝の言葉に続き、これまで心の支えとなり、見守り、励ましてくださった保護者・家族へ心からの「ありがとう。」を伝えました。そして、後輩たちには

「授業や行事、部活を通して共に学び、過ごすことができ、とても楽しかってです。ありがとうございました。これからも互いに協力し合いながら、充実した中学生活が遅れることを心から祈っています。」

と、言葉が贈られました。最後に

「私たちはこの3年間で学んだことを糧に、自分の目標に向かってまた新たな一歩を踏み出します。私たちを支えてくださった方々との出会いは、かけがえのないものです。お世話になったすべての方々に感謝し、別れの言葉といたします。」

と述べ、3名の卒業生は中学部を後にしました。

 新しい扉を開けて歩み出す3名の卒業生の前途に、幸多きことを祈ります。

卒業証書授与の様子 卒業証書授与の様子

卒業証書授与の様子 式場の様子

在校生代表の思い出と感謝のことば 卒業生からの感謝のことば

     掲示されたお祝いのことばやお花 

   たくさんのお祝いのお言葉や

      お花を賜りました皆様に

         心より御礼申し上げます。

令和2年度 高等部卒業証書授与式

 3月1日本校体育館にて卒業証書授与式が行われました。

 新型コロナウイルス感染予防のため、来賓のご臨席はなく、祝辞もお手元の要項に代え、短時間で椅子の間隔を空け、マスク着用、換気・消毒の徹底、国歌、校歌、式歌の歌唱なしで行われました。普通科2名、保健理療科2名、専攻科理療科1名、それぞれの旅立ちとなりました。

      卒業式会場

「送ることば」より…(抜粋)

 振り返ってみると2年前。この視覚支援学校に入学し、不安な気持ちを抱えていた私たちを温かく迎えてくれたのが皆さんでした。皆さんがつくる、明るく和やかな雰囲気を感じられたことで、これからの学校生活が楽しみに思えたことをよく覚えています。

「卒業」文字とお花と鳥の装飾 壁面の「祝 卒業おめでとう」の文字

 個人の記録更新に全力を尽くした信夫ヶ丘陸上競技場での校内陸上記録会。自らの障がいと向き合い思いをぶつけた校内弁論大会。東北大会を完全勝利で勝ち進み、3年連続出場となった全国盲学校フロアバレーボール大会。私は骨折をして試合にはあまり出場できず応援が中心でしたが、先輩と入ったバラ風呂は良い思い出です。

「ありがとう」卒業生一同の文字 小学部教員の手作り。とても手が込んでいる「お花の輪」

 そして期待を胸に迎えた今年度、新型コロナウイルスの影響で、例年通りにみんなで一緒に活動を行うことが難しくなってしまいましたが、そのような中でも様々なことがありました。手探りで始まったオンライン授業。声が遅れて聞こえたり、画面がフリーズしたり、四苦八苦しながらの勉強ではありましたが、それも今では良い思い出です。

 初めての普通科集会では画面越しに校歌を熱唱しました。オンライン体育では筋トレを行い、コロナ太りを予防しました。理療科では初のオンライン模擬試験も行われ、受験への道のりの厳しさを知りました。

 臨時休業が明け、久しぶりに皆さんと再会したときは、画面越しではなく同じ場所で一緒に過ごせる喜び、集まって活動できる楽しさを改めて実感することができました。

卒業生入場の様子 卒業生の入場

 12月には聴覚支援学校福島校を会場に、全盲のクライマーを招き、ボルダリングを体験しました。「見えない壁だって超えられる」を合言葉に、クライミングウォールを登っていく先輩の姿は、まるで自分の中にある壁を登っていくかのようで、周囲からは熱い声援が湧きあがり、登り切った先輩の笑顔はとても印象的でした。

 残念ながら、直前に中止になってしまった普通科のジョイントコンサートでは、本番さながらに体育館の空間を仕切り、本校生だけでお琴の音色を響かせました。多くの皆さんに聞いていただけなかったことが残念でなりません。

卒業証書授与の様子 卒業証書授与の様子

 12月のイベントといえば理療科の一大イベント、臨床体験発表会も記憶に新しいです。

 昨年度、私たちは先輩方のプレゼンテーション力に魅了され、発表内容に興味を持ち、今年度の取り組みにつながりました。今年度の発表を聞き、一人の患者を継続的に施術していくことの大切さを知るとともに、美容鍼の奥深さを知ることができました。

 また、午後の新たな取り組み、シネメディケーションでは、先輩方はしっかりと下級生をリードし、引っ張ってくださいました。久々の普通科の皆さんとの活動となり、その発表力や表現力にただただ驚かされました。
 視覚支援学校は少人数ではありますが、個性的で魅力溢れる先輩方のリードで、私たちの学校生活は本当に充実していました。

 結びに、皆さんの人生の時間を刻む針が幸せな音を奏で続けることを願い、送る言葉と致します。

卒業証書授与の様子 卒業証書授与の様子

「別れのことば」より…(抜粋)

 振り返ればあっという間の学校生活でした。今、私の頭に浮かんでくるのは、個性豊かな先生方との授業風景や皆の誕生日をお祝いしたクラッカーの音、給食の調理員さんたちの「またね~」の声、予診室で温かく見守ってくれている実習助手の先生方の笑顔です。私たちを支えてくれたすべての方々と明日から会えなくなると思うと胸がいっぱいになります。

「別れのことば」の様子 卒業生の様子

 私たち卒業生のテーマソング、『星影のエール』という歌にこんな歌詞があります。「星の見えない日々を越えるたびに、互い照らすその意味を知るのでしょう。」

 これは、「辛い日や悲しい日を乗り越えるたびに、周りの人の大切さを知る」という意味だと思います。また、「互いを照らす」という歌詞には、誰かに支えられるだけではなく「自分が誰かを支える」という意味も込められているのではないでしょうか。
 障がいがあることは決して楽なことではありません。それでも私たちは、視覚障がいがあったことで、この視覚支援学校で先生方や仲間と出会い、互いに支えあうこと、自分も人の支えになれる存在であることを知りました。

卒業生退場の様子 卒業生退場 最後の礼の様子

 先生のご指導と、在校生の皆さんそして暖かく見守ってくれた家族、多くの方々の「エール」に支えられ、本日、こうして卒業の日を迎えることができました。私たちを支え導いてくださったすべての方に心よりお礼を申し上げます。
 これまで学んだことを糧に、これから先、私たち卒業生一人一人が誰かを支えることのできる「エール」になれるようこれからも励んでいきます。
 最後になりましたが、皆様方のご健康と福島県立視覚支援学校の更なる発展を願い、別れの言葉といたします。

   教室の黒板アート「祝卒業」と教卓の花

    卒業おめでとう!! 君にエールを!!

 

 

 

 

「オリンピック・パラリンピック教育推進」

 令和3年2月8日(月)に東京2020パラリンピック聖火リレートーチが、聴覚支援学校福島校に展示されたため、体育の時間に見学に行きました。視覚障がいがある生徒にとって、展示されたものを見ただけでは理解することが難しいことから、手袋をしながら触れさせていただき、大変理解しやすかったです。実際の形や重さ、質感などを言葉での説明と手で確かめていくことで、炎を絶やさずに聖火台までトーチリレーでつなげていくことが分かりました。また、本校高等部には聖火ランナーとして参加予定している生徒がおり、初めて手にする桜をモチーフにした本物のトーチを掲げ、笑顔を見せながらも使命感を高めていました。また、トーチには、パラリンピックの4つの価値「勇気、強い意志、インスピレーション、公平」が点字で刻印されており、全盲の生徒が点字を読み上げ、他の生徒や教師に伝えてくれました。

 貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

笑顔でトーチを触る生徒 トーチを手にして使命感を高める

トーチに刻まれた点字を読む生徒 トーチに刻まれた点字

  トーチはケースに入って展示  展示ブーズ全体の様子

 

 

普通科交流学習「第8回♪クリスマスジョイントコンサート♪」

 12月21日(月)、5・6校時目に、普通科の交流学習、『幻のクリスマスジョイントコンサート』を行いました。

  普通科では、福島高校・橘高校の合唱部との交流学習を行っており、クリスマスジョイントコンサートは8回目になります。

 コロナ禍の中、感染拡大防止の対策を検討しながら、実施に向けて計画、練習を続けてきましたが、直前に福島市内の感染が急増し、残念ながら本校体育館での交流は中止となってしまいました。

  しかし、生徒からは、「何らかの形で、交流を続けたい」「練習してきた箏演奏を発表したい」という意見が出されたことを受けて、校内で実施することにしました。ということで、今回は『幻の…♪クリスマスジョイントコンサート♪』です。

ジョイントコンサートの様子

「箏演奏『春を呼ぶ二つのソネット』

 

 感染対策の一つとして、体育館フロアに仕切りを設置しましたが、ビニールのシートに雪の飾りなどで装飾し、コンサートの雰囲気を盛り上げました。メインは箏演奏『春を呼ぶ二つのソネット』です。鳥の声をイメージした即興演奏から始まり、早春から躍動的な春へ向けての高揚感を、心を込めて演奏しました。

 参加者全員での「あわてんぼうのサンタクロース」、恒例の全体合唱「群青」※1とコンサートは大変充実感のある時間となりました。

仕切りはあるけど心はつながっている集合写真

「来年は合唱部の皆さんをお待ちしています!」

 

 実施後、参加した皆さんからの感想や感染対策についてまとめ、コンサートのダイジェスト版を両校合唱部へ届けることで、今年度の活動のまとめとしました。

 「練習の成果を見てもらえてうれしかった」、「先輩方がつないできた交流活動を大切にしたい」、3年生からは「『群青』の合唱は美しいのでこれからも続けていってほしい」など、生徒の感想が印象的でした。  

 音楽を通した同世代との貴重な交流会の継続につなげていきたいと思います。

  ※1「群青」 作詞 小高中学校卒業生  作曲 小田 美樹 編曲 信長 貴富

    本校高等部卒業証書授与式 式歌でもある曲です。

 

「私が食べたいランチ」校内学校給食献立コンクール

 毎年1月24日~30日までの一週間を「全国学校給食週間」とし、全国の学校でより充実した学校給食について考える期間となっています。

今年度は、「風邪を予防する料理」をテーマとして、聴覚支援学校福島校と合同でコンクールを実施し、13点の応募がありました。

審査の結果、優秀賞に選ばれ、1月の給食に取り入れていただいた献立を紹介します。

 

【優秀賞】「寒さに負けないぽかぽか料理」

  サフランライスカレー ごぼうのポタージュ (海藻サラダ)

  花豆の黒糖ウーロン茶煮 かぼちゃプリン

出来上がった給食!美味しそう!

 黄色い鮮やかな彩りのサフランライスとカレーの組み合わせが食欲を増し、風邪に負けずに元気に過ごせそうなアイディアの献立でした。

 「いつものカレーよりもりもり食べた」「とてもおいしかった」とたいへん好評でした。

 

 その他、入賞とはなりませんでしたが、応募の中から“しょうが入りスープ”や“ゆずゼリー”なども給食に取り入れていただきました。

令和2年度 臨床体験発表会

 12月23日(水)に新型コロナウィルス感染症拡大防止対策の中、新たな企画での臨床体験発表会が行われました。

 午前中は生徒の研究発表と理療科職員を囲んでのシンポジウムでした。今年も様々なテーマで発表が行われ、さらに先行研究を踏まえており、大変興味深い内容でした。

 【午前の部① 研究発表の様子】

研究発表の様子

研究発表の様子

 後半は理療科としての豊富な経験と人生の先輩でもある3名の先生方を講師に迎えて、生徒が興味関心のあるテーマについて率直にお答えいただきました。普段聞くことのできないお話に、参加者全員が共感しながら聞き入っていました。

 【午前の部➁ シンポジウムの様子】

シンポジウムの様子

 午後の部は、シネメデュケーションという教育指導法を用いて、生徒同士で映画の登場人物の立場や違った視点での意見を交換・共有しながら、理療師としての役割について考えさせる機会となりました。理療科への進学を希望している普通科生も交えて皆が熱心に取り組み、大いに盛り上がりました。

 【午後の部 シネメデュケーションの様子】

シネメデュケーションの様子

シネメデュケーションの様子

 資料:シネメデュケーションとは.pdf

 

【研究発表テーマ】

(1) 保健理療科2年・専攻科理療科1・2年

  フェイスマッサージによる美顔づくり ~美は永遠(とわ)に~

(2) 専攻科1・2年

  刺激の違いが筋疲労の回復に及ぶ影響について

(3) 保理科3年

  ランダム化比較試験による五臓スコア・筋硬度と要穴の信頼性・妥当性 

(4) 専攻科理療科3年

  美容鍼を用いた鍼の効果

 

 

 

 

令和2年度 社会奉仕活動

 生徒会厚生局の取り組みの一つとして、高等部普通科生徒が社会奉仕活動に取り組みました。

 今年はコロナ禍の状況にもあるため、花苗を植えたり校地内の清掃を行ったりしました。

●11月10日(火)5校時

落ち葉をバケツに入れて運びます 中庭の落ち葉がたくさんありました

中庭の落ち葉をバケツに入れて運びました。 「きれいになって嬉しい!」

●15:05~15:25

パンジーの苗を植えています パンジーを植える様子

正面玄関に並べました 正面玄関に並べました 正面玄関に綺麗に並びました

プランターへパンジーの苗を植えて、正面玄関前に並べました。

「春先まできれいな花が咲きますように。」

落ち葉をひろう様子 椿の落ち葉をひろいました

北校舎の後ろにある椿の落ち葉を拾いました。

たくさんの落ち葉を集めました

「来年は、ぜひ学校周辺の歩道や公園のごみ拾いをしたいです。」

 

高等部後期進路週間

 高等部では、11月16日(月)から11月27日(金)まで後期進路週間を実施しました。

 生徒一人一人の進路目標に応じて、進学のための模擬試験や職場見学としての治療院見学、現場実習および校内実習を行いました。

 また、理療科生徒と合同で外部講師による職業講話を実施し、就職活動の心構えとしてビジネスマナーの重要性について学びました。

 12月2日(水)には普通科合同で進路週間事後学習を行い、進路週間での実施内容やその反省、進路希望を実現するための手立てを一人一人発表し、自己理解を深めることができました。

 本校高等部の進路週間に際しまして、関係機関の方々にご協力をいただき、ありがとうございました。

 現場実習の様子  職業講話の様子  名刺交換
 現場実習

 職業講話「就職活動の心構え」

~ビジネスマナーの重要性~

  「名刺交換」

〇 進 路 週 間 事 後 学 習

進路週間事後学習 進路週間事後学習 進路週間事後学習
 

 

令和2年度 職場体験 ~中学部~

 中学部2年1組2名は、11月20日(金)に、ペッツ・マム南福島店といちいフォーズマーケットにて、それぞれ職場体験をしてきました。ペッツ・マム南福島店では、小動物の餌やり、品出し、清掃作業などを体験してきました。いちいフォーズマーケットでは、レジ体験、寿司つくり、POP書きなどを体験してきました。慣れない場所や人と一緒に仕事をする難しさを感じましたが、店員さんからの優しい声かけが励みになり、最後まで取り組むことができました。今後の学校生活に役立ててほしいと思います。

ペッツ・マム南福島店

品出し体験 餌やり体験

「品出し体験」

商品の種類を確認して丁寧に並べます。

「餌やり体験」

決められた時間に行います。

フクロウには、うずらの肉をあげました。

●いちいフォーズマーケット

レジ体験 寿司つくり・パック詰め体験

「レジ体験」

品物のかご入れの仕方も学びました。

「寿司つくり・パック詰め体験」

自分でつくった寿司を購入し、昼食でいただきました。

 

 

令和2年度 中学部 後期進路週間 ~校内実習~

 進路週間の一環として、中学部2年生2名、3年生2名が11月16日(月)から20日(金)の5日間、後期校内実習を行いました。

 後期実習では、カレンダー製作における、紙すき、パルプ玉つくりを中心に作業を行いました。前期の反省で出た課題を後期に生かし、それぞれの個人目標に掲げ、その目標を意識しながら、継続して作業に取り組むことができました。

紙すきの様子 ミキサーがけの様子

 

オリンピック・パラリンピック推進教育事業

 今年度でオリンピック・パラリンピック教育推進事業推進校3年目となり、今年度は、令和2年12月4日(金)5・6校時に、パラクライミング世界選手権4連覇中の小林幸一郎氏を招いたボルダリング体験を実施しました。

開会式の様子 講師のお二人

 会場は、視覚支援学校に隣接する聴覚支援学校福島校のプレールームです。小林幸一郎氏は、特定非営利活動法人モンキーマジック代表者でもあり、「見えない壁だって越えられる」をコンセプトに、視覚障がい者をはじめとする人々の可能性を大きく広げることを法人設立の目的にされています。また、「見える人はついつい右だ左だと、登り方を指示し登らせてあげたくなりますが、その答えを自分のやり方で考え見つけるのが、この遊びの面白さ」とお話されました。始まってみると、お話のとおり、初めて挑戦する児童生徒らは、ホールド(持ち手)やガイドテープ(青いテープに紐)、講師の御指導のもと、想像以上に力強く失敗を恐れずに活動しており、大変驚かされました。

講師が生徒の前で説明を行う様子 ボルダリング体験中の男子生徒

ボルダリング体験中の女子生徒 講師の指導で天井近くまで登る生徒

講師の実演に「超カッコいい!」と生徒の声 小林氏の動きに「スゴイ!」と生徒の声

 児童生徒からは、「楽しかった」「後輩に教えたい」「またやりたい」などの感想があり、よりスポーツを楽しめる機会となりました。また、金メダルに触れる機会を設けていただき、児童生徒からは想像以上に「重い」「厚い」「ぴかぴかしてた」など、本物の魅力を感じられた感想も出されました。

閉会式 お礼の言葉の様子 閉会式 プレゼント贈呈の様子 ありがとうございました!

 

校庭ができたよ!!

 聴覚支援学校福島校の改築工事に伴い、視覚支援学校と聴覚支援学校福島校は、約4年という長期に渡り校庭がない状況が続いていました。

 11月16日(月)に工事後の検査が無事に終了し、17日(火)から校庭が使用可能となりました。

 本校の小学部児童は、さっそく校庭で体育の授業を行い、校庭の構成、遊具の場所や種類、利用の仕方などを確認しました。

 18日(水)の昼休みには、両校の小学部児童が集まり、「走り初め」を行いました。本校の小学部児童は、ラインを目印にしながら広い校庭を思いきり走ることができ、満足感でいっぱいの表情が見られました。また、両校の児童全員で行った「だるまさんがころんだ」では、見えにくさがある児童と聴こえにくさのある児童が一緒に活動できるよう遊び方を工夫しながら、楽しく遊ぶことができました。

 新型コロナウィルス感染予防のため、体を動かす機会が少なくなっている昨今ですが、今後は校庭を十分活用しながら、児童生徒の健康の保持増進と体力の向上に努めていきたいと思います。

校庭を全力で走りました!

校庭を全力で走りました!

校庭ができたよ!うれしいな!

校庭ができたよ。うれしいな。

 

むつミュージック2020♪

 11月5日(木)に寄宿舎自治会行事の一つであるお楽しみ会が開催されました。今年は、『むつミュージック2020』というテーマのもと、3グループに分かれて音楽発表を行いました。

イントロクイズやってます 正解者に豪華景品!

昭和のアイドルに扮装! 連弾を披露

「世界に一つだけの花」を熱唱 二人で司会進行

  イントロクイズと、歌で盛り上げてくれた『ミュージック・ザ・はまもと』。 ピアノ好き3人組で息ぴったりの演奏を披露してくれた『Music By Sound』。お花を手に“世界に一つだけの花”で歌声を届けてくれた『笑顔の7人』。

 各グループ何度も話し合いや練習を重ね、衣装や装飾にも工夫が見られました。みんなで発表をする機会に新鮮さを感じ、笑顔で会を終えることができました。学年や棟を越えて協力した経験を今後の舎生活に生かしてほしいと思います。

「点字ブロック理解推進キャンペーン」

 今年度の点字ブロック理解推進キャンペーンでは、10月23日(金)に、保護者および小学部、中学部、高等部普通科生徒が学校周辺の商店や郵便局等へ、点字ブロックについてのメッセージが書かれたポケットティッシュやチラシを配付する活動を行いました。

 はじめの挨拶の様子    はじめの挨拶の様子
 ●PTA会長さん、校長先生より挨拶をしていただきました。
       出発の様子      雨の中を出発
 

●雨の中での行事となりましたが、安全に気をつけながら学校周

  辺の商店街へ向かって歩きました。

            曽根田郵便局で取材をうける

 ●曾根田郵便局では、キャンペーン活動について取材を受け、点字ブロックの大切さを伝えました。

キャンペーンメッセージカード


校長先生に見送られて出発
 理容室の方が出迎えてくださいました

 

 

校長先生に見送られて

 商店街へ出発しました。

「雨の中気をつけてね。」

 

●理容室の方が、すぐに店頭に出てきてくれたので、スムーズにお渡しすることができました。

 映画館での啓発活動  

●映画館の方からは、「ティッシュを配付して理解啓発に努めていきたいと思います。」と言っていただきました。

 

地域の役員(風呂店)の方に挨拶

 

傘をさして歩行体験

●地域の役員としてもお世話になっている風呂店の方から、「点字ブロックは大切ですよね。」と声をかけていただきました。

●晴れている時には気づかなかった、傘をさしての歩行の仕方を学ぶことができました。

 また高等部理療科の生徒は、治療室へ来院する患者さんへポケットティッシュやチラシを配付する活動を行いました。生徒からは、「視覚障がい者がよりよく歩けるようになるとよい。」「これからも続けていけるとよい。」という意見が出されました。

 地域の皆様には、点字ブロックキャンペーン活動へご協力をしていただきありがとうございました。これからも点字ブロックの大切さを理解していただき、本校児童生徒の歩行を見守ってくださるようお願いいたします。

 

ふくしま教育週間の取組み~学習成果の発表を行いました~

 ふくしま教育週間学校公開の取組みの一つとして、10月31日(土)に各学部の学習成果の発表を行いました。今年度はコロナウィルス感染予防のため、それぞれの発表場所や時間を分けて実施しました。

〇小学部

「自立活動や体育の学習発表」

「1.発表タイム」「2.チームで遊ぼう~投げ遊び~」「3.チームで遊ぼう~蹴り遊び」の3部構成で発表しました。

「1.発表タイム」では、3名の児童が一人ずつアスレチックや縄跳びなどに挑戦。また、友達の演技を紹介するアナウンスも児童が行い、運動だけでなく「読むこと」に関しても学習の成果を発表することができました。一人一人の演技がおわるたびに、参観者の皆さんから大きな拍手が寄せられました。

続いての「チームで遊ぼう」では、保護者の皆さんにも参加していただき、ボールを使ったゲームを行いました。今年度は春に予定していた運動会が中止となったこともあり、体を動かすことをみんなが笑顔で楽しむことができるよい機会となりました。

はしごわたりの様子 フラフープ輪くぐり

ボール転がし あやとび

シュートゲームの様子(会場全体)

〇中学部

 中学部は三部に分けて発表しました。一部は1組の生徒3名が弁論を行いました。それぞれ「普通ってなんだろう」、「命には厳しく」、「私の夢は…」のテーマで発表しました。二部は2組の生徒4名が「職業・家庭」の授業から、「紙すき」の作業に取り組む様子や作業の中でそれぞれが大切に考えていることを、せりふ劇形式で発表しました。三部は7名全員で「風をみつけて」の合唱を発表しました。

弁論 始まりの挨拶  弁論発表「私の夢は・・・}

紙すき「ミキサーがけ」 紙すき「仕上げ」の説明

合唱「風をみつけて」

〇高等部 普通科

 高等部普通科の生徒3名の「学習成果の発表会」は解剖室で行われました。パワーポイントや動画を使用し、1年1組は歩行やPC操作など自立に向けた練習に関する発表、3年1組は進路実現に向けて自分の学習や成績などについて分析したことの発表をしたりしました。3年2組では普段の学習において積極的に活動に取り組んでいる様子のビデオアルバムなど、それぞれが工夫をして発表をしました。

学習成果の発表1  学習成果の発表2

学習成果の発表2 

あいさつ

〇高等部 本科保健理療科・専攻科理療科

 来校した方々に、理療科を知ってもらおうと、生徒の年齢構成や学習内容といった特徴を中心に紹介しました。

後半では、ツボを使ったセルフマッサージの方法の紹介とマッサージ体験をとおして、学習の成果を「見て・聞いて・感じて」いただきました。

理療科学習内容の説明

理療科学習内容の説明

マッサージ体験の様子

 

 

 

 

 

 

第2回 避難訓練

 10月21日(水)、第2回避難訓練を実施しました。今回は視覚支援学校教室からの火災発生を想定した訓練でした。

避難場所に集合

 第1回訓練に引き続き、校庭工事に伴い、避難場所として校庭が使用できず、校庭北側の駐車場を臨時避難場所として訓練を実施しました。

 視覚支援、聴覚支援、寄宿舎と3ルートの経路に分かれて避難を行うなど、第1回目の訓練ともかなり異なった内容ではありましたが、各部署とも機転を利かせながら円滑な避難を行うことができました。

救護の場所を確認手話による説明

 また、避難後は水消火器による消火訓練を行いました。日頃消火器を扱うことのない各学部の児童生徒は真剣に消火訓練に臨みました。

消火器を使う体験 火元に見立てた的

的に向かってビュッと水をかける 消火器の構造を触って確認

 次年度は本来の避難場所での訓練が実施できるため、今年度の訓練での反省事項を活かした訓練を実施したいと考えます。

 

 

中学部修学旅行を実施しました!

 10月8日(木)に中学部修学旅行を実施しました。訪問場所は盛岡です。3年生の生徒3名が参加しました。

 午前中は盛岡駅から車で10分くらいのところにある、「視覚障がい者のための手でみる博物館」を訪問し、見学しました。手でみる博物館は、ご自身も全盲であり、盛岡視覚支援学校で教員をされていた桜井政太郎先生によって創設されました。この博物館では、すべての展示物を触って確かめることができます。現在の館長である、川又さんの説明を聞きながら、リアルに再現された昆虫の模型や動物の標本等、日常生活ではなかなか触れることができない物をたくさん触察することができました。実物を触ることで、生徒たちはこれまで学んだ知識の理解をさらに深め、新たな発見をすることができました。今後の学習の発展につながる貴重な経験となりました。

手でみる博物館で触察する様子 手でみる博物館で触察する様子

熊のはく製を触る様子 昆虫などを触察する様子

校長先生と一緒に触察 2人で触察中

 手でみる博物館の見学を終えた後、温泉で有名な繋(つなぎ)方面へ移動し、冷麺と焼き肉の専門店で昼食をとりました。出発の時間が早かったので、移動中からすでに生徒たちの頭は注文した焼肉定食でいっぱいでした。生徒たちは焼き立てのお肉でご飯も進み、お腹いっぱい食べて大満足でした。

焼肉をぱくり! 昼食をとる様子

先生と一緒においしくいただいてます

 午後は昼食会場から程近くの盛岡手づくり村へ。手づくり村では、職人さんに教わりながら、盛岡特産の織物であるホームスパンや伝統工芸品のチャグチャグ馬コを作る体験をしました。ゆったりとした時間の中で、職人さんと会話を楽しみながらものづくりを体験することができました。完成品は当日持ち帰ることができ、思い出に残るお土産となりました。体験後はおみやげ館で時間をかけて、家族や友達へのお土産選びを楽しみました。帰る前には、敷地内にある南部曲り家にも立ち寄り、昔使われていた農機具等も見学できました。

 当初の予定を変更し、日帰りでの実施となりましたが、生徒たちにとって楽しく、とても充実した旅行となりました。

機織り体験中 3人で記念写真

馬コが上手にできました! 機織り上手にできました! 馬コもはいこの通りできました!

笑顔で記念撮影 

 

令和3年度 高等部生徒会役員選挙 立会演説会

 10月1日(木)、令和3年度高等部生徒会役員選挙の立会演説会が行われました。厳粛な雰囲気の中、選挙管理委員長と校長先生のあいさつがあり、その後、庶務・副会長・会長に立候補した3名とそれぞれの応援者の演説が行われました。一人一人の個性溢れる名演説に会場全体が終始聞き入っていました。

 今回の選挙は、各役職に1名のみの立候補であったため、信任投票となりましたが、高等部生全員が一票の重さを実感し、緊張感をもって、投票箱に清き一票を投じていました。

 選挙管理委員会、立候補者、応援者の皆さん企画・運営お疲れさまでした!

演説会会場の様子 立会演説会の様子

立候補者を見守る応援者 立候補者の演説

  投票の様子

 

令和2年度 前期終業式・後期始業式

 9月30日(水)に令和2年度前期終業式・後期始業式が体育館で行われました。ソーシャルディスタンスを保ちながら、久しぶりに小・中・高等部全員集合しました。

 式に先立ち、8月に行われた特別支援学校作業技能大会の表彰式が行われました。(PCデータ入力部門)

 新しい生活様式の下、半年が過ぎ、前期と後期の節目、校長先生のお話に相槌を打つ声が聞こえました。また、校歌も歌 うことができ大満足の児童・生徒たちでした。

久しぶりの体育館集合 表彰式の様子

校長先生のお話に相槌を打つ生徒 校歌斉唱

学級活動

 

 

第81回校内文字能力テストが行われました

 漢字、点字の読み書き能力向上を目指して、校内文字能力テストが行われました。

【実施日】

9/24 中学部、高等部普通科、

9/29 小学部、

9/30 保健理療科1年

 漢字は読み書き別認定となり、前回合格した級のさらに一つ上の級を目指しています。

 見やすい環境にするため、拡大読書器や斜面机を使用する児童・生徒もみられました。

パーキンスタイプライターでテストを受ける様子 打ち込んだ点字を確認しながら操作する様子

見やすい環境でテストを受ける 斜面机を使用する様子

拡大文字をしっかり見ている パーキンスを一生懸命打っている小学生。がんばれ!

 点字は、点字盤やパーキンスタイプライターを使用し、五十音書き、転写、聴者、速読に挑みました。

点字板を使用して五十音書き 点字の速読

 高等部普通科では、テスト終了後に「点字付きかるた」で百人一首をしました。

 「点字つきかるた」は黒白反転で、弱視の人とも対戦できます。点字は対戦相手からも触読できるように、上下の両方についています。

点字付きかるたを並べています 白黒反転で湾曲しており取りやすい

 自分で置いた位置を覚えるのはもちろん、相手陣の位置を覚えるのが大変です。台にはめこむタイプ、マグネット式で相手陣のかるたをとったら自分の札を相手に送るなど、本格的に楽しみました。

マグネット式を並べる様子 難易度高く、本格的