ブログ

生徒の活動

出前授業を実施しました

 6月3日(木)、福島市にあります「とやの保育園」年長児クラスで、出前授業を実施いたしました。

 「見えない人はどんな生活をしているのか」をテーマに、クイズ形式で楽しみながら、視覚障がいに対する理解を深めました。本校に勤務する全盲の教員の話に、真剣なまなざしで聞き入る子どもたちの姿が印象的でした。

 本校地域支援センターでは、幼稚園、保育園、小学校、中学校等を対象に出前授業を実施しております。授業内容は、どのような力を育てたいか依頼者様とご相談させていただきながら対応いたします。ご希望ございましたら、どうぞお気軽に本校地域支援センターまでお電話ください。お待ちしております。

出前授業の様子

福島市立福島第四小学校での『合同大運動会』

 福島市立福島第四小学校での『合同大運動会』 

~互いに認め合い、みんなで力を合わせてがんばりました!~

 5月23日(日)に福島第四小学校を会場に、合同大運動会が行われました。本校小学部は、年間を通して福島第四小学校・聴覚支援学校と交流及び共同学習を行っています。2年ぶりとなる合同運動会に向け、5月の連休明けから一緒に練習を重ねてきました。

 各種目では、どのような配慮があれば障がいのある児童と障がいのない児童が一緒に取り組めるかを検討し、参加の仕方やルールを変更・調整しながら取り組みました。低学年の50m走では、電子ホイッスルによる音源や白線を手掛かりに走る、紅白玉入れでは低めのかごを準備し、玉を入れる部分を触って確認しながら投げるなど、参加の仕方やルールを変更・調整することで自分の持てる力を十分発揮することができ、児童の笑顔が輝いた運動会となりました。

開会宣言の様子 ゴールする様子

開会宣言

「赤も、白も、力を合わせてがんばるぞ!」

1位、2位でゴール!!やったー!

 低学年のチャンス走「何色くれる?」では、四小の校長先生が投げるサイコロの色を見事予想し、本校児童が1位、2位でゴールしました。

スタートの様子

いざ、勝負だ!

 高学年の150m走、スタートです。6年生にとっては小学部最後の運動会でした。

紅白玉入れの様子 紅白玉入れの様子

紅白玉入れ

 かごをよく見て、ポーンとじょうずに投げました。「いっしょにがんばろうね。」「いっぱいいれようね。」と、四小の児童と言葉を交わす姿も見られました。

 

 

厚生部活動~高等部~

 5月19日(水)の放課後、生徒会厚生部員で、プランターの花の植え替え活動をしました。10個以上のプランターにマリーゴールドや、ピンクや青のペチュニアの花を植え替えました。おそるおそるポットから苗を取り出す生徒もいる中、さすが理療科生は手ぎわよく植え替えていました。皆さん、久しぶりの植物とのふれあいだったようです。時々小雨の降るあいにくの空模様でしたが、作業には涼しく最適でした。

土をやさしく両手で押さえて植え替え 植え替え位置を確認

ペットボトルのじょうろで水やり 白壁に綺麗な花のプランターが映えます

 

令和3年度 高等部校内弁論大会

  令和3年度高等部校内弁論大会が5月14日体育館にて開かれました。
 普通科、保健理療科、専攻科計15人の弁士が、将来への希望や現在の葛藤、今までの半生を振り返り思いのたけを伝え合い、同じ視覚障がいを持つ仲間の声に耳を傾けました。
 尚、感染予防対策として、座席の間隔を空け、弁士・アナウンス席にはアクリル板、マイクの消毒、換気に努めながらの開催となりました。

 昨年度は早々と全国弁論大会が中止となりました。本校も年度当初の休校により校内弁論大会は中止し、普通科国語の授業の中での発表となりました。それを受けてか、今年度は高等部生徒全員参加の意気込みで臨むことができました。

 優勝した専攻科のMさんは、6月23日、本校で開かれる第70回東北地区盲学校弁論大会へ出場します。健闘をお祈りします。

高等部校内弁論大会会場の様子 点字原稿を読みながら発表

小型ピンディスプレイ機器を操作して発表 拡大文字原稿を読んで発表

令和3年度 第1回全校朝の会

 4月15日(木)本校体育館にて第1回全校朝の会が行われました。

 本校の児童生徒が一堂に会する数少ない行事となります。換気や消毒を徹底して実施しました。

 新入生の自己紹介、生徒会本部役員の紹介などが行われました。新入生の自己紹介では元気な歌声を披露してくれたり、初心表明をしてくれたりと、各々思い思いの自己表現を見せてくれました。

全校朝の会の様子 自己紹介の様子

生徒会役員の司会 紹介の様子

 

 

令和3年度 入学式

 4月8日(木)10:00から小・中学部入学式、11:00から高等部入学式が体育館にて新型コロナウィスル感染予防に配慮しながら行われました。

 春のやわらかな日差しの中、小学部2名、中学部2名、高等部普通科3名、本科保健理療科2名、専攻科理療科3名がそれぞれの希望を胸に新しい学校生活に踏み出しました。

 小・中学部入学式では、新入生が呼名に対し元気に返事をし、新たに始まる学校生活に期待をふくらませているようでした。

 高等部入学式の誓いの言葉は、代表の普通科1年生が「…助け合い、励ましあいながら、初心を忘れず、学業に専念することを誓います。」と力強く述べました。

入学式場 入学式会場

「誓いのことば」の様子 入学おめでとうの文字

 

令和2年度 中学部卒業証書授与式

 3月12日、本校体育館において卒業証書授与式が行われ、在校生、中学部教職員、寄宿舎指導員、保護者の見守る中、3名の卒業生が卒業証書を手にしました。自らが主役の晴れ舞台に、緊張しながらも引き締まった誇らしげな表情で式に臨む3名の姿が印象的でした。

 校長からは、東日本大震災発生から10年目の春に卒業する卒業生たちに、

「10年前の昨日、東北、そして福島は未曽有の災害に見舞われました。終わりの見えない恐怖や悲しみに、私たちは言葉を失い、未来が遠のいたように見えました。しかし、あの時から、私たちは、人と人とのつながりと命の大切さを、より深く考えるようにもなりました。皆さんが扉を開けて、新しい道を歩み始めるにあたって、これまでの人とのつながりも併せて思い出してほしいと思います。そのうえでしっかり自分を見つめ、何がしたいのか、何ができるのかを考え続けてください。これからも人と人とのつながりを大切にしながら。あなたが一歩前に踏み出そうとすること。あなたたちとともにいる人たちの力にもなるはずです。」

と、励ましの言葉が贈られました。

 在校生代表からは、3名の卒業生一人一人に対し、思い出と感謝の言葉が述べられ、

「先輩が卒業することも、明日から隣の教室に先輩がいないことも本当に寂しいです。しかし、先輩方にこれまで支えていただいたことを思い出しながら、これからは、私たちも強く優しい存在になれるよう、そして悔いのない学校生活を送るために努力していきたいと思います。」

と、新たな決意が表明されました。

 卒業生代表は、入学時の期待に満ちた高揚感を懐かしく振り返り、協力や努力の素晴らしさを知った学校祭での合唱・合奏の発表の思い出や、コロナ禍の中、3日間の計画が日帰りに変更されながらも共に歩んできた仲間と、貴重な学びの時を過ごした修学旅行の思い出を、一瞬一瞬をたどるように語りました。教職員、寄宿舎の指導員への感謝の言葉に続き、これまで心の支えとなり、見守り、励ましてくださった保護者・家族へ心からの「ありがとう。」を伝えました。そして、後輩たちには

「授業や行事、部活を通して共に学び、過ごすことができ、とても楽しかってです。ありがとうございました。これからも互いに協力し合いながら、充実した中学生活が遅れることを心から祈っています。」

と、言葉が贈られました。最後に

「私たちはこの3年間で学んだことを糧に、自分の目標に向かってまた新たな一歩を踏み出します。私たちを支えてくださった方々との出会いは、かけがえのないものです。お世話になったすべての方々に感謝し、別れの言葉といたします。」

と述べ、3名の卒業生は中学部を後にしました。

 新しい扉を開けて歩み出す3名の卒業生の前途に、幸多きことを祈ります。

卒業証書授与の様子 卒業証書授与の様子

卒業証書授与の様子 式場の様子

在校生代表の思い出と感謝のことば 卒業生からの感謝のことば

     掲示されたお祝いのことばやお花 

   たくさんのお祝いのお言葉や

      お花を賜りました皆様に

         心より御礼申し上げます。

令和2年度 高等部卒業証書授与式

 3月1日本校体育館にて卒業証書授与式が行われました。

 新型コロナウイルス感染予防のため、来賓のご臨席はなく、祝辞もお手元の要項に代え、短時間で椅子の間隔を空け、マスク着用、換気・消毒の徹底、国歌、校歌、式歌の歌唱なしで行われました。普通科2名、保健理療科2名、専攻科理療科1名、それぞれの旅立ちとなりました。

      卒業式会場

「送ることば」より…(抜粋)

 振り返ってみると2年前。この視覚支援学校に入学し、不安な気持ちを抱えていた私たちを温かく迎えてくれたのが皆さんでした。皆さんがつくる、明るく和やかな雰囲気を感じられたことで、これからの学校生活が楽しみに思えたことをよく覚えています。

「卒業」文字とお花と鳥の装飾 壁面の「祝 卒業おめでとう」の文字

 個人の記録更新に全力を尽くした信夫ヶ丘陸上競技場での校内陸上記録会。自らの障がいと向き合い思いをぶつけた校内弁論大会。東北大会を完全勝利で勝ち進み、3年連続出場となった全国盲学校フロアバレーボール大会。私は骨折をして試合にはあまり出場できず応援が中心でしたが、先輩と入ったバラ風呂は良い思い出です。

「ありがとう」卒業生一同の文字 小学部教員の手作り。とても手が込んでいる「お花の輪」

 そして期待を胸に迎えた今年度、新型コロナウイルスの影響で、例年通りにみんなで一緒に活動を行うことが難しくなってしまいましたが、そのような中でも様々なことがありました。手探りで始まったオンライン授業。声が遅れて聞こえたり、画面がフリーズしたり、四苦八苦しながらの勉強ではありましたが、それも今では良い思い出です。

 初めての普通科集会では画面越しに校歌を熱唱しました。オンライン体育では筋トレを行い、コロナ太りを予防しました。理療科では初のオンライン模擬試験も行われ、受験への道のりの厳しさを知りました。

 臨時休業が明け、久しぶりに皆さんと再会したときは、画面越しではなく同じ場所で一緒に過ごせる喜び、集まって活動できる楽しさを改めて実感することができました。

卒業生入場の様子 卒業生の入場

 12月には聴覚支援学校福島校を会場に、全盲のクライマーを招き、ボルダリングを体験しました。「見えない壁だって超えられる」を合言葉に、クライミングウォールを登っていく先輩の姿は、まるで自分の中にある壁を登っていくかのようで、周囲からは熱い声援が湧きあがり、登り切った先輩の笑顔はとても印象的でした。

 残念ながら、直前に中止になってしまった普通科のジョイントコンサートでは、本番さながらに体育館の空間を仕切り、本校生だけでお琴の音色を響かせました。多くの皆さんに聞いていただけなかったことが残念でなりません。

卒業証書授与の様子 卒業証書授与の様子

 12月のイベントといえば理療科の一大イベント、臨床体験発表会も記憶に新しいです。

 昨年度、私たちは先輩方のプレゼンテーション力に魅了され、発表内容に興味を持ち、今年度の取り組みにつながりました。今年度の発表を聞き、一人の患者を継続的に施術していくことの大切さを知るとともに、美容鍼の奥深さを知ることができました。

 また、午後の新たな取り組み、シネメディケーションでは、先輩方はしっかりと下級生をリードし、引っ張ってくださいました。久々の普通科の皆さんとの活動となり、その発表力や表現力にただただ驚かされました。
 視覚支援学校は少人数ではありますが、個性的で魅力溢れる先輩方のリードで、私たちの学校生活は本当に充実していました。

 結びに、皆さんの人生の時間を刻む針が幸せな音を奏で続けることを願い、送る言葉と致します。

卒業証書授与の様子 卒業証書授与の様子

「別れのことば」より…(抜粋)

 振り返ればあっという間の学校生活でした。今、私の頭に浮かんでくるのは、個性豊かな先生方との授業風景や皆の誕生日をお祝いしたクラッカーの音、給食の調理員さんたちの「またね~」の声、予診室で温かく見守ってくれている実習助手の先生方の笑顔です。私たちを支えてくれたすべての方々と明日から会えなくなると思うと胸がいっぱいになります。

「別れのことば」の様子 卒業生の様子

 私たち卒業生のテーマソング、『星影のエール』という歌にこんな歌詞があります。「星の見えない日々を越えるたびに、互い照らすその意味を知るのでしょう。」

 これは、「辛い日や悲しい日を乗り越えるたびに、周りの人の大切さを知る」という意味だと思います。また、「互いを照らす」という歌詞には、誰かに支えられるだけではなく「自分が誰かを支える」という意味も込められているのではないでしょうか。
 障がいがあることは決して楽なことではありません。それでも私たちは、視覚障がいがあったことで、この視覚支援学校で先生方や仲間と出会い、互いに支えあうこと、自分も人の支えになれる存在であることを知りました。

卒業生退場の様子 卒業生退場 最後の礼の様子

 先生のご指導と、在校生の皆さんそして暖かく見守ってくれた家族、多くの方々の「エール」に支えられ、本日、こうして卒業の日を迎えることができました。私たちを支え導いてくださったすべての方に心よりお礼を申し上げます。
 これまで学んだことを糧に、これから先、私たち卒業生一人一人が誰かを支えることのできる「エール」になれるようこれからも励んでいきます。
 最後になりましたが、皆様方のご健康と福島県立視覚支援学校の更なる発展を願い、別れの言葉といたします。

   教室の黒板アート「祝卒業」と教卓の花

    卒業おめでとう!! 君にエールを!!

 

 

 

 

「オリンピック・パラリンピック教育推進」

 令和3年2月8日(月)に東京2020パラリンピック聖火リレートーチが、聴覚支援学校福島校に展示されたため、体育の時間に見学に行きました。視覚障がいがある生徒にとって、展示されたものを見ただけでは理解することが難しいことから、手袋をしながら触れさせていただき、大変理解しやすかったです。実際の形や重さ、質感などを言葉での説明と手で確かめていくことで、炎を絶やさずに聖火台までトーチリレーでつなげていくことが分かりました。また、本校高等部には聖火ランナーとして参加予定している生徒がおり、初めて手にする桜をモチーフにした本物のトーチを掲げ、笑顔を見せながらも使命感を高めていました。また、トーチには、パラリンピックの4つの価値「勇気、強い意志、インスピレーション、公平」が点字で刻印されており、全盲の生徒が点字を読み上げ、他の生徒や教師に伝えてくれました。

 貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

笑顔でトーチを触る生徒 トーチを手にして使命感を高める

トーチに刻まれた点字を読む生徒 トーチに刻まれた点字

  トーチはケースに入って展示  展示ブーズ全体の様子

 

 

普通科交流学習「第8回♪クリスマスジョイントコンサート♪」

 12月21日(月)、5・6校時目に、普通科の交流学習、『幻のクリスマスジョイントコンサート』を行いました。

  普通科では、福島高校・橘高校の合唱部との交流学習を行っており、クリスマスジョイントコンサートは8回目になります。

 コロナ禍の中、感染拡大防止の対策を検討しながら、実施に向けて計画、練習を続けてきましたが、直前に福島市内の感染が急増し、残念ながら本校体育館での交流は中止となってしまいました。

  しかし、生徒からは、「何らかの形で、交流を続けたい」「練習してきた箏演奏を発表したい」という意見が出されたことを受けて、校内で実施することにしました。ということで、今回は『幻の…♪クリスマスジョイントコンサート♪』です。

ジョイントコンサートの様子

「箏演奏『春を呼ぶ二つのソネット』

 

 感染対策の一つとして、体育館フロアに仕切りを設置しましたが、ビニールのシートに雪の飾りなどで装飾し、コンサートの雰囲気を盛り上げました。メインは箏演奏『春を呼ぶ二つのソネット』です。鳥の声をイメージした即興演奏から始まり、早春から躍動的な春へ向けての高揚感を、心を込めて演奏しました。

 参加者全員での「あわてんぼうのサンタクロース」、恒例の全体合唱「群青」※1とコンサートは大変充実感のある時間となりました。

仕切りはあるけど心はつながっている集合写真

「来年は合唱部の皆さんをお待ちしています!」

 

 実施後、参加した皆さんからの感想や感染対策についてまとめ、コンサートのダイジェスト版を両校合唱部へ届けることで、今年度の活動のまとめとしました。

 「練習の成果を見てもらえてうれしかった」、「先輩方がつないできた交流活動を大切にしたい」、3年生からは「『群青』の合唱は美しいのでこれからも続けていってほしい」など、生徒の感想が印象的でした。  

 音楽を通した同世代との貴重な交流会の継続につなげていきたいと思います。

  ※1「群青」 作詞 小高中学校卒業生  作曲 小田 美樹 編曲 信長 貴富

    本校高等部卒業証書授与式 式歌でもある曲です。