教育方針

福島県立視覚支援学校 教育目標
社会の変化に主体的に対応できる確かな学力を身につけ、積極的に生きていく豊かな心と健やかな体を持つ調和のとれた人間を育成する。

○ 自ら学び・考え・行動する人間
○ お互いを尊重し、思いやることのできる人間
○ 健康でたくましく明るい人間

→ 学校経営・運営ビジョン(pdf

→ いじめ防止基本方針(pdf

 

各学部の目標

小学部

○ よく考え、進んで学習する子。
○ 友だちを思いやり、協力して活動する子。
○ 健康で明るく元気な子。
中学部
○ 基礎的な学力を主体的に身につけ、判断し、行動する生徒。
○ 相手を思いやり、仲間と協力して活動する生徒。
○ 健康の保持・増進に努める生徒。
高等部
○ 一人一人の生徒に応じた進路の実現を図るために、主体的に学ぶことで基礎学力の定着を図り、社会性を身につけ、自己の健康を意識できる生徒を育成する。
〈普通科〉
● 意欲的に学び・行動し、進路の実現に努める生徒。
● 他人の心情を理解し、礼儀正しく豊かな心をもつ生徒。
● 心身ともに健康でたくましい生徒。
〈保健理療科〉
● 主体性のある「あん摩マッサージ指圧師」として、確かな知識、技能及び豊かな心を身につけ、自らも健やかな体づくりができる生徒。
● 施術者として、向上心を持って患者への安全かつ効果的な施術を行い、地域社会に積極的に貢献できる生徒。

〈専攻科 理療科〉
● 主体性のある「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」として、確かな知識、技能及び豊かな心を身につけ、自らも健やかな体づくりができる生徒。
● 社会の一員であることを自覚し、施術者として向上心を持って安全かつ効果的な施術を行い、地域社会に積極的に貢献できる生徒。