ブログ

点字ブロック理解推進キャンペーン

「点字ブロック理解推進キャンペーン」を行いました!

 

 9月7日(金)にPTA活動の一環として「点字ブロック理解推進キャンペーン」を実施しました。視覚障がい者にとって歩行する際の道しるべである点字ブロックの大切さを地域の方々に広く知っていただくため、本校では平成25年度からこの活動を実施しており、今年度で6回目となります。

 今年度は保護者、児童生徒、教員あわせて30名と福島県のマスコットキャラクター「キビタン」が参加。福島駅東口や学校近隣の商店街に出かけ、チラシの入ったポケットティッシュを配付しながら、点字ブロック上に車や自転車を止めたり、荷物を置いたり、立ち止まったりすることのないよう、地域の方に御理解・御協力をお願いしました。

 福島駅前のキャンペーン活動では、「こういう活動は大切だと思うから、頑張ってくださいね。」と声をかけてくださった方もいて、私たちも励まされました。

 また、学校近隣のキャンペーン活動には、いつも通学や歩行の学習で商店街を歩いている小学部・高等部の児童生徒が参加しました。通りを歩くことはあっても、商店の方とお話をすることはあまりありませんでしたが、直接お話したことで顔も心もつながり、今後学習で商店街に出かける楽しみもできたと感じました。

福島駅前で点字ブロックをアピール その1

福島駅前で点字ブロックをアピール その2

きびたんとの集合写真

たすきをかけてパレード