ブログ

生徒の活動

「私が食べたいランチ」校内学校給食献立コンクール

 毎年1月24日~30日までの一週間を「全国学校給食週間」とし、全国の学校でより充実した学校給食について考える期間となっています。

 今年度は、「冬の食材を使った料理」をテーマとして、聴覚支援学校福島校と合同でコンクールを実施し、11点の応募がありました。

 審査の結果、優秀賞とアイディア賞に選ばれ、1月の給食に取り入れていただいた献立を紹介します。

 

【優秀賞】「ぽかぽか体があったまる料理」

  牡蠣ご飯 さつま汁 豚ねぎ炒め ポテトフライ フルーツケーキ

優秀賞の写真

家庭科で学習した栄養のバランスがしっかりと考えられている献立でした。

 「牡蠣を初めて食べた」「とてもおいしかった」とたいへん好評でした。

 

【アイディア賞】「幸せと栄養たっぷりランチ」

  いかえびピラフ かぶのポタージュクルトン添え

 リンゴとヤーコンの天ぷら 山芋の明太マヨ和え みかん

アイデア賞の写真

冬の食材の組み合わせを工夫し、調理のバランスや健康を考えた献立でした。

「歯ごたえや食感が良かった」「具だくさんでおいしかった」と好評でした。

福島県知事・教育長表敬訪問

 1月14日火曜日、保健理療科1年常松桜さんが、10月に開催された第88回全国盲学校弁論大会優勝を報告するために、福島県知事と教育長を表敬訪問しました。

 厳粛な雰囲気でいつも以上に緊張していた常松さんでしたが、懇談が始まると、知事も教育長もとても気さくにお話してくださり、時に笑いが起こるような和やかな雰囲気で優勝報告をすることができました。

内堀知事と記念撮影「内堀知事と記念撮影」

知事と会談する様子「知事と会談する様子」

鈴木教育長と握手「鈴木教育長と握手」

 

冬季休業前全校集会

 12月24日、冬休み前の全校集会が解剖室にて開かれました。
 校長先生からは、井上靖の「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」という言葉が紹介され、夢や希望を目標に変えて新年も充実したものにするようにという話がありました。

全校集会の様子

 生徒指導部からは二つの話がありました。スマホ6箇条「あとがこわい」についての確認と、雪道の安全歩行について、点字ブロック上の雪の滑りやすさを小中学部の児童・生徒たちの希望者が実物を用いて体験しました。

点字ブロックの上に雪があると滑る!

 なお、全校集会に先立ち、弁論・作文・絵画・スポーツ・点字協議会各種表彰と、ダイハツまつかわ社長の菅野様よりフロアバレーボール用ボール12個の寄贈がありました。

表彰の様子

表彰の様子

バレーボール12個ありがとうございました!

令和元年度 臨床体験発表会

 12月20日(金)に理療科の臨床体験発表会が行われました。

 午前の部は、生徒の研究発表となっており、例年2・3年生が発表していますが、今年は1年生も含め生徒全員が発表する、令和最初にふさわしい充実した、そして個性あふれる発表会となりました。

研究発表の様子 質疑応答の様子

 午後の部は、「筋膜リリースの基礎」をテーマに、筑波技術大学の近藤先生よる実技講習会が行われました。患者さんの症状改善に、ぜひ臨床実習で取り入れたいと熱心に学ぶ生徒の姿が印象的でした。

実技演習会の様子1 実技演習会の様子2

【研究発表テーマ】

(1) 保健理療科1年・専攻科理療科1年

 漢方薬はダイエットに効果があるのか? 

  ~素朴なギモンからの東洋医学入門~

(2) 保健理療科2年 

 「睡眠の質」向上を目的とした不眠症の主治経穴刺激と副交感神経を刺激するセルフマッサージ施術の効果

(3) 専攻科理療科2年

 顔面部における刺さない鍼の効果

(4) 専攻科理療科3年

 耳鳴りに対する鍼通電療法の一症例

 

高等部普通科 第7回交流学習 クリスマスジョイントコンサート♪

 12月18日(水)14:30から、高等部普通科と福島高校・橘高校合唱部の交流学習クリスマスジョイントコンサートを本校体育館で開きました。音楽を通じての交流会は福島高校との2校から始まり、今回で7回目を迎えます。今年は福島高校15名、橘高校21名が参加し、楽しい時間を過ごしました。

 コンサート開始前、早めに到着した橘高校の皆さんと一緒に練習しました。

 また、各校から進行を1名ずつ選出し、分担しながらコンサートを進めました。

練習の様子 司会進行の様子

 

1 視覚支援学校普通科

 箏4重奏による「風の色」 作曲 水野利彦 編曲 視覚支援学校

  S君は、音楽の授業で学習している箏の発表に挑戦しました。先生方と音を合わせて、8分の演奏をやりきることができました。

箏の見事な演奏 箏の演奏全体の様子

2 橘高校合唱部

①「We wish you a merry hristmas」      Tradishonal English

②「聖夜」  作詞 エゼフ・モール  作曲 F.グルーバー

③「あこがれの郵便馬車」 作詞 丘灯至夫 作曲 古関裕而

④「星に願いを」  作詞/作曲 L.ハーライン

橘高校合唱部

3 福島高校合唱部

①「十字架上のキリストの最後の言葉」より

    「第二の言葉」  作曲:千原英樹 

②「あわてんぼうのサンタクロース」   

     作曲:小林亜星 編曲:松永ちづる

③「きよしこの夜" 讃美歌1-109番」    編曲:信長貴富

福島高校合唱部

4 クリスマスソング交流

  今回初めてムーブメント療法の布を使ってクリスマスソング交流の時間を設けました。

 Kさんが布を配り、T君がくす玉を開く合図で音楽スタート♪

T君のくす玉割り S君Kさんの交流の様子

「あわてんぼうのサンタクロース」では4つの輪で、「サンタが街にやってきた」では大きな一つの輪になって、歌ったり鈴を鳴らしたりして盛り上がりました。

輪になって布を持ちました男子交流かな 

 T君盛り上がる 布でつながる仲間

布でつながり輪になった

5 全体合唱「群青」  作詞 小高中学校卒業生  作曲 小田 美樹 編曲 信長 貴富

  会場にいる参観者も含めて、全員で「群青」を合唱しました。体育館いっぱいに歌声が響き合い、一体感を感じました。

体育館で1つの大きな輪に

Kさんの合唱 S君の合唱

 全体合唱での一体感のまま、2組生徒手作りの「ジョイントコンサート」看板やくす玉ツリーをバックに記念撮影をしました。

笑顔で集合写真

 交流の記念に、2組作業学習で制作したリサイクル点字用紙のしおりを渡しました。

 「楽しかった」「ありがとう」「またよろしく!」と自然なやりとりが印象的でした。

 

 

 

 

素敵な音楽の贈り物~小学部お楽しみ会~

 12月17日(火)小学部お楽しみ会が行われました。毎年この時期になると、「音楽」という素敵なプレゼントを持って来校してくださるのは、グリーンパークトリオの皆さん。

 平成24年度から続くご縁は、今年で8年目となりました。今回は聴覚支援学校福島校小学部の皆さんもお誘いしてのお楽しみ会ということで、手話等の支援としてお二人のボランティアの方も加わり、演奏や歌で児童生徒を楽しませてくださいました。

 小学部児童は、音楽の授業で学習したリコーダーでグリーンパークトリオの皆さんと合奏し、一緒に演奏することの楽しさや音の広がりを体感することができました。

グリーンパークトリオ&ボランティアの皆さん

グリーンパークトリオ&ボランティアの皆さん

パプリカダンス

みんなで踊った「パプリカ」ダンス

 合唱

「ゆかいな木きん」合奏

集合写真

楽しい時間をありがとうございました

視覚支援学校オリンピック・パラリンピック教育

  12月3日(火)5・6校時に、視覚支援学校オリンピック・パラリンピック教育が行われました。

【目標】

 本校の卒業生であるパラリンピアン及びパラリンピック候補選手と触れ合い、2020東京パラリンピックやスポーツへの興味関心を高める。また、視覚賞障がいをもつ憧れの先輩と一緒に活動することで、ボディーイメージを湧かせ、スポーツを楽しむ心の育成を図る。

 【講師】

〇佐藤 智美さん 平成19年本校普通科卒業

 (東邦銀行陸上部所属)

〇佐々木真菜さん 平成27年本校普通科卒業

 (東邦銀行陸上部所属)

〇天下谷真弓さん           

 (東邦銀行陸上部コーチ)

【テーマ】

「もっと、もっと楽しみたい!ブラインドスポーツ!!」陸上競技編

【内容】 実技指導と質問コーナー

質問コーナーの様子 選手のデモンストレーション

腿上げ実践 選手と交流

 昨年度に引き続きの第2回視覚支援学校オリンピック・パラリンピック教育でした。講師も本校卒業生であったため、児童生徒は終始笑顔で活動に見通しをもち、スポーツに対する興味関心を高めることができました。また、講師である佐々木真菜さんは、11月にドバイ開催の世界パラ陸上競技で4位になり、東京パラリンピック陸上競技内定で、児童生徒に紹介すると大きな称賛があり、パラリンピックがより身近なものとなったと思います。児童生徒は、目の前での実演を見たり聞いたり感じたりすることや丁寧な実技指導により、速く走れるイメージを湧かせ、ワクワクしながら陸上競技を実施することができました。

福島市主催の第45回福祉作品展に出品しました

 12月7日(土)~9日(月)3日間、福島市アクティブシニアセンターA・O・Z(アオウゼ)で開催された福祉作品展に小、中学部、高等部普通科、保健理療科の児童生徒の作品を出品しました。

出品作品

 本科保健理療科1年常松桜さんの作品「KOMONOあれこれ」が、「福島市視覚障がい者福祉協会長賞」に選ばれました。

福島市視覚障がい者福祉協会長賞

 

後期進路週間

後期進路週間(11月11日~22日)

 高等部2年生1名は、福島市にある生活介護施設「円風舎」で3日間実習を行いました。午前中は外出して散歩や買い物をしたり、曜日によっては入浴もしたりしました。昼食の買い物では自分の食べたいものを身振りや表情で伝えることができたようです。午後からの自由時間は施設の中でゆっくり過ごしました。円風舎さんの施設や利用者さん、職員の方々の雰囲気がとても良く、リラックスして実習することができました。

実習の様子実習の様子2

 進路週間の一環として、11月18日(月)~22日(金)の5日間、中学部4名、高等部2名で後期校内実習を行い、集中して仕事をするという意識や働く場にふさわしい態度を学びました。さらに高等部生については、 今後の課題を明らかにし、卒業後の進路についても具体的に考える機会として行いました。

 実習では、牛乳パックを再利用したパルプ玉作りやしおり作りなどを行いました。6名それぞれが集団の中で働くことを通し、自分の目標を持ち、振り返りをしながら取り組むことができました。

校内での実習

▲しおりに紐を通しています。

校内実習の様子(中学部)

▲集中して作業に取り組むことができました

 

 

 

むつまじ会行事 お楽しみ会「むつフェス2019」

 11月7日木曜日娯楽室にて、むつフェス2019を行いました。今回の行事は8月からむつまじ会ミーティングを定期的に行い、舎生同士で話し合いを重ね、内容、準備、買い物を計画的に進めてきました。

 舎生が“タピオカドリンクショップ”“つりゲーム”“ブラックボックスとひもくじ”のお店を企画しました。当日は自分たちが楽しむだけではなく、学校の先生方も招待し、寄宿舎全体が元気な笑い声で盛り上がりました。そして舎生からは「楽しかった!」「またやりたい!」という声が上がりました。

 これからも引き続き充実した自治会活動を行い、楽しい寄宿舎生活になるようにしたいと思います。

つりゲームの様子 会場の様子